女性の目のアップ

手術中や術後の痛み

女性の流し目

憧れの二重が手に入るといっても、やはり二重整形をするには勇気が入ります。
そして、誰もが気になってしまうのが“痛み”です。
「手術中痛かったらどうしよう」、「手術後の痛みはどれぐらい」などの疑問、不安があるはずです。

二重整形の手術時の痛みに関しては、特に心配する必要はありません。
手術時には、点眼麻酔や局所麻酔などを行ないます。
注射をして麻酔を行うため、そのときにはチクッとした痛みを感じることがあります。
ですが、手術中は麻酔が効いていますので激痛に見舞われるようなことはないのです。
ただ、美容外科によっては麻酔を正しい方法で行っていないことがあります。
そういった美容外科で二重整形をしてしまうと、手術中に痛みを感じてしまいます。
ですから、安全に手術が受けられるよう美容外科選びには気をつけなければなりません。

手術後の痛みに関しては、3日程度痛みが出ることがあります。
人によっては、術後にそれほど痛みを感じないこともあるようです。
痛みを軽減するために、美容外科では痛み止めを処方してくれます。
それを服用することで、痛みを対処することが可能です。

手術中、手術後の痛みには、個人差があります。
痛みをほとんど感じないという人もいれば、強い痛みを感じる人もいます。
痛みに敏感な人は、埋没法を選択するといいかもしれません。
埋没法なら、皮膚を切開することなく糸で止めるだけですからそれほど激しい痛みに悩まされることはありません。
また、費用も安く済むため初めて受ける人にとっても気軽に受けやすいといえます。
二重整形をする際、カウンセリングをまず受けます。
そのときに、手術中や手術後にどれぐらいの痛みが発生するのか医師に確認しておきましょう。
また、手術後の痛みはどうしたらいいのか、アフターケアはしてくれるのかなどの確認も忘れてはいけません。
それ以外にも、費用について確認する必要があります。
費用の内容を確認しておかないと、アフターケアの費用は含まれていないなどと後から苦労してしまいます。
保険が適用されない分、費用を少し高く感じてしまうかもしれません。
高い費用を支払う分、費用詳細を明らかにしておくと二重整形に関する不安が少しは解消されるはずです。