女性の目のアップ

ローンで費用は安心

笑う女性

美容整形は、病気の治療というわけではないため保険が適用されません。
それは、二重整形でもいえることです。
ただ、“眼瞼下垂”のように日常生活に支障が出るような病気を美容整形で治療する場合には、保険が適用されることがあります。
二重整形手術で選ばれている“埋没法”や“切開法”は保険が適用されず、費用は全て自己負担となります。
手術を受けたくても、金銭的にあまり余裕がなく、費用が払えないかもしれないと決断ができない人もいるかもしれません。
そんな人に考えてもらいたいのが、“ローン”です。

美容外科では、各社で独自のローンを用意しています。
とはいっても、美容外科と契約するわけではありません。
美容外科と連携するクレジット会社と契約するのが一般的です。
医療ローンでも審査というのがあり、審査に通ることでお金を借りることができます。
ただ、医療ローンは金利が高い傾向にあります。
そこで、金利が安く済むのが銀行カードローンです。
これは、医療だけでなく使用用途は自由に選ぶことができ、ローンによっては本人に収入がなくても借りられることがあります。
そして、銀行との契約ということで安心感もあります。
費用が気になって二重整形になかなか踏み出せない人は、ローンを検討してみてもいいかもしれません。